歯車時計
お客様カウンタ
お客様のLVがあがった!
flash boreal kiss
店主紹介

tenten

名前:tenten

ニコマス好きな小女子(12)。 ---------------------------- 産業商会店主。白くて丸くてフワフワしている。良く嗤う。
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事リスト
2009年06月22日の記事
全記事表示リンク
過去記事(ログ)スクロール
今日のガンダムさん
フリーエリア
店主へのメールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

むかしのヒトコト
今日のヒトコト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒトリゴト

おしるPのブログエントリ再生数って何でしょう?
ノベマス監視局さんとこの[チラ裏]ノベマス作者への道3(最終回)を見て
なんとなく思いついたことをつぶやいてみたり。

ニコニコ動画は趣味の場所ではありますが、
再生数・コメント数・マイリス数というものが有る以上、
製作者も視聴者も数字を全く気にしない人は居ないでしょう。

おしるPはエントリ内でこんな事を書いています。

例えば、公開した動画が軒並み20,000以上の再生数を誇っている動画のPが
「作りたいものを作るなんて動画は成功しない。緻密な計算の上に作られた動画こそが成功する」
という発言をしたとします。
そして後日、平均の再生数が1,000ぐらいのPが、先のPの発言を受けた上で
「作りたいものを作るからこそ、動画には躍動感が宿り、面白い物が生まれる」
と発言しました。


何かしらの提案がなされた時に、
聞いてる方としては、言ってる事の内容よりも
発言したPの実績によって判断してしまいがちですよね。
多く再生されている動画の製作者は、それだけ有名と言う事でもあるので、
影響力はどうしても大きくなります。

もちろん、それが免罪符になると言うわけでは無い筈なのですが。
でも数字の裏づけがある影響力と言うものは、一歩間違えると恐ろしいもので。

しかし、ミカドPさんの方に気になることが書いてありました。

物語の九割は読者の能力次第で面白いかどうかが変わってしまう

読者は面白くない作品を見た時に、
それが自分の生き様のせいだと気付かないで作品が悪いと勘違いしがち


結構怖い考えですよね。
「動画がつまらないと感じるのは視聴者に原因がある」
なんて受け取り方次第では、喧嘩になりかねません。

でもニコニコ動画、或いはニコマスというコミュニティで作られてきた
文化みたいな共通認識ってありますよね。
大きな所では御三家ネタや兄貴ネタ、ニコマスではありすえ装備等
そのコミュニティ内でしか通用しないお約束ネタってあると思うんです。

つまり、今ニコマスで人気の動画の価値や影響力というものは、
ニコニコ動画内のさらに狭義のニコマスという枠の中でしか語れない。
ということなんですね。

何でこんな事を書いたかと言うとおしるPのエントリ内に
こんな事が書いてあったからなのです。

でも、たま~になんですが人と自分を、場合によっては人と人を比べた上で
「再生数が多い=偉い」という価値観を見かける事があります。


自分が見ている範囲では、こういう発言をする人が居るというよりも、
無自覚に態度で差を付けてしまう人が(特に視聴者サイドに)多い気がします。

やはり危険な考えだと思うのですよね。
その人への態度を、動画の人気だけで変えてしまうと言うのも。
もちろん全てを平等にと主張したいわけではないのですが、
こういう妙な権威主義的な部分は無い方が望ましいと思います。

このエントリを読んでどう思うかは人それぞれでしょうが、
ワタクシは、自分への戒めの気持ちも含めまして、
一つの有名な挿話をご紹介して〆とさせて頂きたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : サブカル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。