歯車時計
お客様カウンタ
お客様のLVがあがった!
flash boreal kiss
店主紹介

tenten

名前:tenten

ニコマス好きな小女子(12)。 ---------------------------- 産業商会店主。白くて丸くてフワフワしている。良く嗤う。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
過去記事(ログ)スクロール
今日のガンダムさん
フリーエリア
店主へのメールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

むかしのヒトコト
今日のヒトコト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメ無遺伝子

アイマス紙芝居「小鳥さんとの七週間」四週目

曲竹P
・良心の呵責に苛まれるP
・いる筈の無い懐かしい声
・ダメ無の血族

店主のヒトコト
物語が始まって早々に、何らの前触れもなく一人の人間が亡くなります。
それはもう本当にあっけない幕切れです。

1人の人間がこの世を去り、ドタバタと非日常に突入した後、
周囲の人間が、個々人なりの悲しみを乗り越えて、1人欠けた日常へと戻ってゆく。
この物語はそんな誰にでも起こり得る話をテーマにしています。
時折挿入される故人とのエピソードは、ど変態極まりないものでありますが、
返ってそれ故に、クスリとさせつつもほろ苦い何かを産み出します。

最新作では、事故を防げなかったこと・異変に気づかなかったことで、
結果的に一人の人間を死なせてしまった良心の呵責から、
Pは軽いノイローゼに陥ります。
見かねた社長が休暇をくれるのですが、染み付いた習性は不思議なもので、
足が自然と事務所へ向かってしまいます。
そこでPは、とても懐かしい声を聞くことになるのですが・・・

非常に面白いシリーズだと思います。
ですが、苦手な人は居るかもしれませんね。

過去の紹介は収納してますです

アイマス紙芝居「小鳥さんとの七週間」

・さよならは突然に
・混乱する765プロ
・夢で逢えたら
アイマス紙芝居「小鳥さんとの七週間」二週目

・悲しむ暇なく忙殺の日々
・癒されBAR音無-R18
・初七日
アイマス紙芝居「小鳥さんとの七週間」三週目

曲竹P
・埋められない心の穴
・神様になった小鳥
・雷様はおへそフェチ

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。